【要注意!】士林夜市で悪名高い押し売りぼったくりカットフルーツ屋さん

大家好。
台湾歴25年のゆりでございます。

とうとうやられました・・・。

台湾との長いお付き合いで、幸いな事に今まで一度も嫌な思いをした事がなかったんですよね。
それが、とうとうやられたのです。

先日台湾旅行中、娘と士林夜市を観光していた時の事です。
フルーツに目がない娘が、カットフルーツ屋さんを見て、

「お母さん、あのメロンが食べたい!!」

とおねだり。
私、台湾でフルーツを買う時は果物屋さんでしか買った事がなく、
カットフルーツ屋さん初体験。

綺麗にフルーツがずらーっと並んでて、ついつい吸い寄せられてしまいます。

グラム毎の重さが書いてあったので、お店のお姉さんに

「このメロン半斤(300g)カットしてもらえる?」
(※台湾の1斤は600g、ちなみに中国大陸では1斤は500gとややこしい)

と聞くと、

「OK」と言われ、

お姉さんは見事な手つきで
スルスルスル~っとメロン丸ごと1個の皮を剥いたと思ったら、

トントントン~っ
と一口サイズに切られ、

ビニール袋に丸ごと
どっさーっと全部入れられたのです!!

あら、切るの上手やねえ~
で、計って取り分けてくれんの??

と思ってたら、

はい!400元!!!

 

・・・・・。

 

 

 

「は???
そんなに食べれるわけないやん!!
私、半斤切ってって言ったよね(ーー゛)!!!!!」

と私が言うと、お姉さんは、

え?もう剥いてしもうたからあかんで!

と言う。
(大阪弁になってますが中国語です)

 

「はあ~っ???

私ちゃんと重さ言ったよね!
こんなにいっぱい要らんで!
絶対買えへんでっ!」

と私は怒鳴り、もう一触即発状態です。

意地でも払うかっ(怒)

と思っていたのですが、
切れまくってる私を横で見ていた娘が、

「お母さん、ごめん、私メロン大好きやから!
全部食べられるから!
だからもう喧嘩せんとって、お願いやから!」

と半泣きで懇願。
言葉は分からなくても喧嘩してるのは分かるんやね。

そんな娘を見たら、
ものすごく可哀そうになり、申し訳なくもあり、
仕方なく引き下がると、

「はいおまけ~!」

とレンブを一つ入れてくれました。

むかつく・・・・。

 

そして、無理して大量のメロンを残さず食べた娘は、お腹を下しましたとさ。
許さん、あのカットフルーツ屋。

 

その出来事を旦那に話すと、
「え?知らんかったん?
士林夜市のカットフルーツ屋さんはぼったくりやから、買ったらあかんって色んなブログに書いてあったで。」と言われてしまいました。

そう、私本当に知らなかったです。
台湾平和ボケ。
たまにいるんやね、台湾にも外国人を騙して儲けようってヤカラが。
なので、ここでぶちまけます。
これ以上日本人観光客が嫌な思いをしないように祈りをこめて。

こんな事がまかり通ってたら、他のきちんとやってるフルーツ屋さんがいい迷惑。
台湾の評判を下げかねない一大事ですよ、本当。

危うきには近寄らず。
いくら台湾には良い人が多いからって、こういう人もいるわけです。

それと、カットフルーツはどんなお水を使って果物を洗ったり、包丁を洗ったりしてるのかとても怪しいのです。
衛生面からも避けた方が良いと思われます。
娘がお腹を下したのは、メロンを大量に食べたというよりも、水にやられたのかもしれません。

台北旅行に行ったら観光客が必ずと言って良いくらい立ち寄る場所、士林夜市。
毎晩お祭りみたいで、にぎやかで、あの場所にいるだけでワクワクして楽しいですよね。
折角の楽しい夜市巡り。
くれぐれも注意をして観光を楽しんでくださいね!

再見(^^)/

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

台湾ランキング

中国語ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください