台湾旅行の前に知っておくべき注意点~②交通編

こんにちは。ゆりでございます。

今日は台湾に旅行に行かれたら乗るであろう公共交通機関について。

まず台湾に着いてびっくりするのは、バイクの多さではないでしょうか。
私が20数年前台湾で留学していた頃はまだMRTがなかったので、バイクの数も今以上だった気がします。
私には台北でバイクに乗る勇気がなく、移動手段は専らバスでした。

日清戦争で下関条約で割譲されてから第二次世界大戦で日本が敗戦するまでの50年間、台湾は日本の統治下にありました。
日本統治時代に日本がインフラ整備を進めた為、台湾では道路と鉄道のどちらも日本と同じ左側通行でした。
ところが、日本の敗戦により中国大陸から国民党が台湾に移ってきた際、道路交通は中国大陸と同じ右側車線が採用されました。なので、自動車は現在全て左ハンドルです。

それに対して、台湾の鉄道は日本統治時代に敷設された左側通行がそのまま採用されているので、道路交通と反対になります。
そして、台湾新幹線(高鐵)はというと、レール部分はイギリス発祥の欧州方式を採用しているフランス受注のため左側通行。
そしてそして、MRT(地下鉄)はフランスのメトロがベースのため右側通行。
左と右が混在しているという、何ともややこしい状態でございます。

台北や高雄へ行かれる方はMRTが、台中や台南その他の地域に行かれる方はバスやタクシーが主な移動手段になると思います。そして台湾国内旅行に行く場合は、台湾鉄道か台湾新幹線を利用することになります。台湾は交通がとても発達しているので便利ですし、料金も日本よりかなり安いですよ。

MRT

台北、高雄の中心を走る地下鉄です。20元~。
台北市内の移動はMRTが一番便利!終電も0時頃まであります。
台北では最近桃園国際空港と台北市内を結ぶ空港線が開通し、ますます便利になりました。個人旅行や商用、留学の場合は非常に助かりますよね。
また、悠遊卡※(ようようかー(Easy Card)悠遊カード)というSuicaのようなICカードがあります。運賃が2割引きになりますので、ぜひご利用をお勧めします!

※卡は中国語でカードを意味します。

注意

①台湾のMRTは飲食禁止
改札に入ってから飲食は全面禁止です。お水もダメですよ。駅構内で飲食した場合1,500元〜7,500元の罰金が科されるので乗る際は気をつけましょう。

②優先座席(博愛座)には絶対座らない
乗ると気付くと思うのですが、台湾では基本的に子供・お年寄り・妊婦・体の不自由な方以外は優先座席席が空いていても座らないのがマナーです。知らずに座ると周囲から白い目で見られますので、気をつけましょう。

バス

引用元:ハウトラベル

1回15元。乗る距離が長いと2回払う場合もあります。
自分の乗りたい番号のバスがバス停に来ると、手を挙げて停めないとスルーされちゃうので、最初は勇気がいるかもしれません。
が、慣れれば行動範囲がさらに広がり、値段も安いのでとても便利な移動手段になります。
バスでもMRTと同様に悠遊卡(ようようかー(Easy Card)悠遊カード)が使えるので便利ですよ!
悠遊卡が無ければ小銭で乗るのですが、台湾のバスは日本のバスのようにお釣りは出ません!小銭を準備してから乗りましょう。

タクシー

台北では6時~23時の初乗りは70元(約280円)、23~6時は深夜割増で+20元かかります。
1.25㎞以降250mごと、もしくは時速5㎞以下で1分40秒ごとに5元が加算されます。

台湾のタクシーは料金が日本よりも断然安いので、人数が多ければ、MRTに乗るよりもタクシーの方がはるかに楽で金額も変わらない為利用しやすいですよ。
台湾のタクシーはわざとメーターを使わないようなぼたっくりタクシーに、私は街中で出会ったことがありませんので、比較的安心して利用できると思います。
でも、もちろん注意は必要ですよ!そこは海外ですので。

また、一部の観光地や長距離の場合、料金があらかじめ設定されている場合がありますので、事前にご確認ください。

台湾鉄道(台鐡)

台湾鉄道、略して「台鐡」(たいてぃえ)」と呼ばれる台湾の鉄道です。市内から離れて日帰り観光などに出かける場合に利用します。悠遊カードでも乗車できるのですが、一部自動改札がない駅もありますので注意が必要です。「特急列車」の「自強号(つーちあんはお)」に乗る場合は切符を購入して乗りましょう。

台湾新幹線(高鐡)

台湾高速鉄道、略して「高鐡(かおてぃえ)」と呼ばれる台湾の新幹線は、台北~高雄間を最短105分で運行しています。長距離の観光や時間を節約して観光したい方にはお勧めの交通手段です。

台湾新幹線の車両700T系は、新幹線700系がモデル。これを台湾の気候などに合わせて改良した車両で、「T」は台湾の頭文字。
日本の車両技術を導入しているため、車内は日本の新幹線と全く変わらず乗り心地抜群ですよ!

まとめ

ざっくり台湾の公共交通機関をまとめてみました。
観光する際はぜひ現地の交通を利用していただきたいです。
ツアーでは見られない本当の台湾の姿が垣間見れると思いますよ(^^)

↓↓↓ その他の基本情報はこちら ↓↓↓

台湾旅行の前に知っておくべき注意点~①通貨・両替編
台湾旅行の前に知っておくべき注意点~③コンセント・電圧・周波数編
台湾旅行の前に知っておくべき注意点~④水道水編
台湾旅行の前に知っておくべき注意点~⑤台湾の四季と天気・服装編
台湾旅行の前に知っておくべき注意点~⑥トイレ編

では祝你一路順風(^^)/

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

台湾ランキング

中国語ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください